×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



スーパー銭湯LINK集

健康ランドが広がる中、より低料金で回転率がよく、付帯設備が少なく、設置費用がかからない施設として建設されていったものがスーパー銭湯であるといえる。時期的には1990年代以降の発生といわれているが、実際には1980年代後半より各地で開店している。1985年に富山県高岡市にオープンした「万葉ポカポカ温泉」がスーパー銭湯発祥である[要出典]。(愛知県が発祥との説もある) 多くは水道水や井戸水を沸かして使用していたが、天然温泉をボーリングによって掘りあて、そこが新たな温浴施設になったものや、温泉ではなかった温浴施設に温泉を掘って温泉付きとなったスーパー銭湯が増えている。 また1990年代以後、近場の温泉からトラックでお湯を運んできて沸かしているスーパー銭湯も見受けられるが、この方法はボーリングよりも比較的簡単に天然温泉を確保できる。しかし天然温泉を繰り返し循環によって使うことになるため、泉質の劣化が激しいという欠点がある。2000年代以後に流行している岩盤浴がついているところもある。また、建物の作りを和式にしているところが比較的多い。 このタイプの銭湯が登場してから「銭湯が家族のレジャーランド」となったが、その反面、従来は単に親に合わせるものである子供の混浴を問題化する人々も現れた(男児の身長による制限等)。近年、子供の成長が早いことも考慮して、法律による禁止だけでなく独自の「混浴年齢制限」を設けている店もある。またこれとは別に最初から「小学生以下入店禁止」を通達している店もある(ラクーアなどでは18歳未満の入店を禁止している)。 誰もが手軽に近場で安価に温泉気分が味わえる利点もあるが、タオルを湯船につけると言った、一部の利用客のマナーの悪さも問題視されている。

うるおいのもと クリティア リルジュ アイラッシュエッセンス 栗東スポーツ ミョウバンクリーム リフィート ユーポス ドクタータカハシ バイクブロス いまのりくん

スーパー銭湯は以下の条件に該当する環境や設備などになっていることが多い。 * 自動車での来店を想定し、駐車場を確保している。 * 上記に関連して、郊外の基幹道路沿いに出店している。 * 内湯のみでなく、ジャグジー、サウナ、露天風呂等の付加的な風呂設備がある。 * 食事スペースや休憩場所がある。 * 理髪店・ボディケア店と提携している。 * 営業時間が長く、早朝・午前中(朝8時〜10時)から深夜0〜1時頃まで営業をしている。 * 休業日が少ない。または年中無休である。

エルセーヌ レオパレス21 ブライダルネット 茶のしずく石鹸 やずやの香醋 ミスパリ やずやの千年ケフィア ノッツェ ツヴァイ ノッツェ

「健康ランド」との比較では、以下のような相違がある。 * 入浴料金が安く設定されている。厳密な意味でのスーパー銭湯ならば、銭湯と同一の基本料金設定をもち、それにサウナ利用料など付加的料金を加え、入浴料として700〜800円に設定(ただし、その場合でも《銭湯と同一の基本料金》は店頭に明示されないこともある。また、左記以外にも入浴料金 1000円程度までの類似施設が一般的にスーパー銭湯と呼ばれる)。 * タオルなどの貸し出しは別料金になることが多く、健康ランドにあるような館内着はふつう用意されていない。 * 地域によっては、シャンプーや石鹸などの備え付けがない店舗もある。特に料金の安い店で、この傾向が見られる。 * 24時間営業に近い施設は少ない(オールナイトによる深夜から早朝の営業を行うところはある)。 * 健康ランドは半日〜まる一日をそこで過ごす長時間滞在を前提とし、スーパー銭湯は健康ランドより比較的短い時間(2〜3時間程度)の滞在を前提とする施設といえる。

アテニア プラソン デルメッド ノッツェ ヨガLAVA にんにく卵黄 パートナーエージェント プラソン プレマリ マッチ・ドット・コム

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



Copyright (C) 2009 スーパー銭湯LINK集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4